管理栄養士のメモ

管理栄養士が栄養情報を発信していきます。

豆乳でフルーチェが作れる!作り方のコツやおすすめの豆乳もご紹介

フルーチェは、子どもから大人まで大人気のデザートです。牛乳と混ぜるだけで、手軽に作れるのが良いですね。

しかしアレルギーや好き嫌いなど、様々な理由で牛乳が飲めない方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、フルーチェは牛乳以外でも作ることができるのか?作り方やコツ、おすすめの豆乳などを詳しく紹介します。

 

フルーチェは豆乳で作れる?

フルーチェが固まる理由と原理

フルーチェは、ペクチンと牛乳のカルシウムが反応して固まります。

ペクチンはイチゴやリンゴ、みかんなどの果物に多く含まれています。ジャムにとろみがついているのも、このペクチンの働きによるものです。

 

どんな豆乳ならフルーチェが作れる?

牛乳と同程度のカルシウムが含まれる豆乳であれば、フルーチェを作ることができます。(100mlあたりカルシウムが110mg程度)

調製豆乳のカルシウム量は100mlあたり31mgですが、牛乳と同程度のカルシウムが添加されている豆乳であれば、フルーチェを作ることができます。

※参考:ハウス食品公式サイト

Q.フルーチェは豆乳でも固まりますか。 | よくいただくご質問 | ハウス食品 (housefoods.jp)

豆乳フルーチェの作り方

作り方のコツ

基本的には牛乳の場合と作り方は同じですが、豆乳で作る場合のほうが、固まりがゆるくなりやすいです。

その場合は30分~1時間程度、冷蔵庫で冷やすとちょうど良い固まり具合になります。

 

乳製品アレルギーの方は注意が必要

フルーチェを豆乳で作ることで、乳製品アレルギーの方もフルーチェを食べることができます。

乳成分を含まない商品

以下の商品は、乳成分を含んでいないため、乳アレルギーの方も安心して使用することができます。

乳製品を含む商品

フルーチェそのものに乳成分が含まれる商品があるため注意が必要です。

具体的には、以下の商品などがあります。

上記の商品は全て乳成分を含んでいます。上記の商品以外にも乳成分を含むものがあるため、アレルギーの方は注意しましょう。

 

※乳製品アレルギー以外のアレルゲンを含む場合があります。アレルギーをお持ちの方は、成分表示をご確認ください。

他の植物性ミルクでも作れる?

カルシウムが添加されているものならOK

豆乳以外の植物性ミルクには、アーモンドミルクやオーツミルク、ライスミルクなどがあります。

カルシウムを元々多く含んでいたり、栄養が強化されている商品が多くあります。

フルーチェを作ることができるカルシウム量(100mlあたりカルシウムが110mg程度)のものをいくつかご紹介します。

・アルプロ オーツミルク 

100mlあたり120mgのカルシウムが含まれています。

・アーモンドブリーズ アーモンド&オーツミルク 

100mlあたり124mgのカルシウムが含まれています。

おすすめのカルシウム入り豆乳

豆乳は、植物性ミルクの中でも手に入りやすいです。以下の商品はスーパーなどにもよく置いてあり、おすすめの豆乳です。

・ミルクのようにやさしいダイズ

100mlあたり120mgのカルシウムが含まれています。

キッコーマン 低糖質調製豆乳カルシウム

100mlあたり125mgのカルシウムが含まれています。

スジャータ 低糖質調製豆乳

100mlあたり114mgのカルシウムが含まれています。

 

まとめ

豆乳でも、カルシウムが添加されているものであれば、フルーチェを作ることができます。おすすめの豆乳や作り方のコツなど、是非参考にしてみてください。